田代歯科医院|静岡県浜松市のインプラント、コンポジットレジン治療歯科

menu

インプラント
IMPLANT

安心できる信頼技術

浜松市の田代歯科医院のインプラント治療のコンセプトは、「インプラント治療により上質な生活を取り戻していただくこと」です。義歯(入れ歯)の使用により制限されていた「見た目の美しさ」や「自然な感触」を回復し、「自分の歯として噛めること」を目指しています。
インプラント治療は、歯の抜けた部分のあごの骨に人工歯根を直接固定する方法で、従来のように周囲の健康な歯や歯ぐきに負担をかけません。「入れば」では満足することが難しかった”食べる・話す”ことも、ご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができます。

インプラント治療のコンセプト

1丁寧な治療説明

インプラント治療を開始する前に、他の治療法との比較・インプラント手術の方法・治療期間・手術のリスク・成功率などについて十分にご説明します。

2CTによる高い安全性

インプラント治療に関連した、院内でのCT撮影は無料です。手術前の診断だけでなく、手術中に安全性を確認しながらインプラント手術を進める事ができます。

3清潔・安心の手術環境

徹底した滅菌処置を施された手術用器具、患者さん毎に使い捨ての手術用機材を使用。インプラント手術用の落ち付いた清潔空間でリラックスして手術に臨む事ができます。

4手術用最新機器の充実

インプラント手術専用の最新機器を数多く導入し、患者さんの口腔内環境に合わせて、様々な手術に対応することが可能です。

5徹底したアフターケア

インプラント治療後のアフターケアは、専門の歯科衛生士が一緒に取り組んでいきます。患者さんと歯科医院との協力で安定した口腔内環境の維持が可能です。

6長期の治療保障

患者さんにとって多くの負担 ( 期間・労力・費用 ) を乗り越えて獲得したインプラント口腔内環境です。安心して長期間使用して頂くために、保証制度が用意されています。

7医療機関との連携

医院周辺の医療機関と患者さん毎の医療情報を共有し、全身状態の把握・管理を行なう事で、安全性を重視した治療計画を進める事ができます。

インプラント治療のポイント

1高い安定性

感天然歯のように顎の骨にしっかりと固定されるので、違和感のない咀嚼が長期間保たれます。

2噛む力を取り戻せる

失った歯の本数が多くても、噛む力を天然歯の約90%まで回復することができます。

3自然な見た目

天然歯に近い、自然な見た目に仕上がります。入れ歯の様に、歯を安定させる金属のバネを付ける必要もありません。

4骨の衰退を防ぐ

歯を失った顎の骨は、刺激がないため徐々に衰退してしまいます。インプラントは刺激が入るため骨の衰退を防ぎます。

他の治療法との比較

歯を失った場合の治療法の種類

入れ歯

歯のない部分を入れ歯で治すものです。
入れ歯の安定性を得るために、バネを反対側まで伸ばす必要があります。
バネの掛けられた歯は揺さぶられるような動きを受けるため大きな負担となります。バネが掛かるため、見た目も悪く、比較的軟らかい食べ物しか噛めなくなります。


ブリッジ

歯のない部分をブリッジで治すものです。
ブリッジは前後にある健康な歯を大きく削る必要があり、土台となる歯には大きな負担が掛かり、結果的に土台となっている歯の寿命を短くします。
また、ブリッジが駄目になる時には多くの歯を一気に失ってしまう危険性があります。


インプラント

歯のない部分をインプラントで治すものです。
インプラントは歯のない部分だけを治し、他の歯には負担を掛けません。入れ歯やブリッジで治す時のデメリットを克服するものです。見た目も自然で、天然歯に近い力で噛めるため、比較的硬い物を食べても問題なく噛むことができます。

治療法の比較

  入れ歯 ブリッジ インプラント
見た目・安定性
耐久性
噛む強さ(天然歯100%時) 10% 60% 90%
周りの歯への影響
日々のメンテナンス
治療期間
(6~8ヶ月)

メリット・デメリット

インプラント(シングル)

インプラント治療により歯のある生活を取り戻すためにも、インプラントのメリットとデメリットを正しく理解しておくことは重要です。そのうえで、インプラント治療を選んで頂くことが、患者さまにとって本当の治療の一歩となります。

メリット

  • ご自分の歯に近い見た目が可能
  • 自然の歯に近い機能が期待出来る
  • 咀嚼能力の回復が早い
  • ブリッジのように、健康な歯を削る必要がない
  • 安定した噛み合わせの長期間維持が可能
  • 適切なメンテナンスにより長持ちする
  • 咀嚼の刺激により顎の骨の衰退を防止
  • 抜け落ちてもやり直しが容易

デメリット

  • 他の治療法に比べ治療費が高くなる
  • 入れ歯などと比較し治療期間が長くなる(約3ヶ月~1年)
  • 骨の量が不十分な場合には、インプラントが出来ないことがある
  • 日々のブラッシングや歯科医院での定期検診が不可欠
  • 歯茎が下がっているとき、見た目の回復が困難な場合もある

インプラント ブリッジ

インプラントブリッジは、インプラントを土台にブリッジを使用する治療法です。いわば、インプラントとブリッジの特長を融合させた治療法といえます。 当院では、インプラントブリッジの具体的な治療期間や費用、メンテナンスなど、患者さまの不安の解消のためのアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談ください。

メリット

  • 周囲の歯への負担を少なくすることが出来る
  • 通常のブリッジ治療が出来ない部分でも可能
  • 既存のインプラントを活用出来る
  • ブリッジの高い審美性との相性がよく、見た目も自然に仕上がる
  • ブリッジのぐらつきが軽減される
  • 歯のバランスが整う
  • ご自分の歯と同じような感覚で噛める
  • 部分義歯のような留め金や金属部分がない

デメリット

  • 多くのケースでは自費治療となる
  • 他の治療法よりも治療期間がかかる
  • ケースによっては利用出来ないこともある
  • 治療後、普段のブラッシングのほか、定期検診が必要
  • 歯茎が下がっているとき、見た目の回復が困難な場合もある

インプラント総義歯・部分義歯

インプラントの長所を生かすことで、総義歯の短所を補うのが、インプラント総義歯です。従来の総義歯では、ぐらつきが生じやすく、歯茎を傷つけ、口内炎などの他の症状の原因ともなっていました。その短所を解消するなど、数多くのメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。

メリット

  • 義歯をしっかりと固定することが出来る
  • 従来の義歯のぐらつきによる痛みを軽減することが出来る
  • 装着の際の違和感も少なく天然の歯のように使用出来る
  • 咀嚼能力が高い
  • 入れ歯が落ちる、外れることがほとんどない
  • 身体的な負担も抑えることが出来る
  • ご自身の歯に似たような感覚で噛める
  • しっかりと固定することが出来る
  • 非常に安定性がよく、とても長持ちする

デメリット

  • インプラント手術が必要となる
  • 治療費が高くなる
  • 定期検診などメンテナンスが必要
  • 治療期間が長くなる(2~12ヶ月)
  • 歯茎が下がっているとき見た目の回復が困難な場合もある
  • 一般的な義歯よりも治療期間が長くなる
  • 体質や疾病、骨の量など諸条件次第ではインプラントが出来ない

インプラント治療の流れ

1健康診断・検診

全身の健康診断、一般歯科検診を行います。虫歯や歯周病の検査結果などから、治療の優先順位をご説明いたします。


2診査・計画

CT撮影により、歯だけではなく顎の骨の三次元情報をデジタル表示し、全顎画像やスライス画像で確認し治療の計画を立てます。


3一次手術・待機期間

インプラントを埋込みます。手術後インプラントと骨が結合するのを待ちます。その期間は、3カ月~6カ月ほどです。


4二次手術・型取・取付

再び歯茎を開き、型を取ります。上部構造を作成し、インプラントの上部構造の取付を行います。


5メンテナンス

装着後のメンテナンスのために、ブラッシング指導と、可能な限り1ヶ月に一度の定期検診をお願いしています。

治療の流れを詳しく見る

1 全身健康診断

現在の健康状態や既往歴を問診させて頂きます。特に以下の項目については慎重な診査が必要です。他科を受診中の場合は、必要に応じて担当医と連携し、治療計画を立案する場合もあります。

喫煙

喫煙は歯周病の危険因子です。歯周病の危険因子はインプラント治療においても危険因子となります。可能な限り、完全禁煙をおすすめします。最低でも手術の数週間前からは禁煙をお願いします。

糖尿病

糖尿病は日本人の罹患率が高い病気です。「糖尿病だからインプラント治療ができない」ということはありません。しかし、治療によりコントロールされていない糖尿病では、傷の治癒が悪くなり、感染に対する抵抗性も低くなるので注意が必要です。

心筋梗塞

心筋梗塞や狭心症の既往・重度の高血圧症は、内科医と相談して注意深く手術を行うことが必要です。

骨粗鬆症

骨粗鬆症の場合は、骨密度を考慮して治癒期間を十分に確保することもあります。治療薬として「ビスホスホネート」を投薬されている場合は、必ず歯科医師にお伝え下さい。

2 一般歯科検診

虫歯や歯周病の検査を行い、治療の優先順位を説明いたします。虫歯や歯周病にかかっていると、インプラント治療が順調に進みにくい、インプラントを埋入しても抜け落ちる、インプラントが長持ちしない等、様々な弊害が発生するので、まずは一般歯科治療を行います。

3 CT・レントゲン診査

CT撮影(コンピューターによる断層撮影検査)により、歯だけではなく顎の骨の三次元情報(顎骨質・骨形態・神経の位置など)をデジタル表示し、全顎画像やスライス画像で確認します。それが正確な治療のガイドラインになります。 通常、歯科で使われるレントゲンが二次元撮影(平面)であるのに対して、CTは三次元撮影(立体)です。 三次元の高画質画像を用いることで、より安全で正確なインプラント治療が可能です。

CT導入によるメリット

4 一次手術

骨が正常な場合の手術

1 歯肉を切開

事前検査にて計画された、インプラントを埋め込む位置の歯肉を切り開きます。

2 ドリルで穴開け

専用のドリルを用いて、歯槽骨にインプラントを埋め込むための穴をあけていきます。

3 インプラント埋込

事前検査にて調べた適切な箇所に、インプラントを埋め込んでいきます。

4 歯肉を縫合

インプラントの基礎部分を埋め込んで、再び歯肉をかぶせ縫合します。これで一次手術は終わりです。

骨が不安定な場合の手術(OMA式)

1 歯肉を切開しドリルで穴開け

インプラントを入れる部分の歯肉の粘膜をわずかに開きます。次に直径0.5mm程度の小さなドリルで骨の表面の硬い部分に穴をあけます。

2 リーマーで状態確認

鍼灸治療の針のような、細いリーマーで骨の中の状態を確認します。

3 穴を広げる

リーマーで中の様子を確認し、問題がなければ専用器具を使用して穴を広げます。

4 器具を太くしていく

器具を少しずつ直径の太いものに換えながら、少しずつ穴を大きくします。

5 インプラント埋込・縫合

十分な直径の穴まで拡大できたら、インプラントを埋込み、縫合します。

5 待機期間

インプラントと骨が結合するのを待ちます。その期間は、3カ月~6カ月ほどです。ここでしっかりと骨とインプラントを結合させることにより、インプラントの高い安定性、耐久性が生まれます。 また待機期間中は歯が無いですが、代わりの人口歯をいれますので、見た目に支障はございません。

6 二次手術

1 再び歯肉を開く

一次手術にて埋め込んだインプラントを歯肉を開きだします。

7 上部構造の作成

患者様の噛み合わせに適したインプラントを作成するため、型取りを行います。次に、採った型に患者様がご希望とされている素材を使用し、形の成形作業へと移ります。最後に出来た人工の歯とアバットメント(連結装置)を繋げると治療は終了となります。

1 型を取り土台取付け

歯肉を開き、インプラントのベースに専用のベースを取り付け型をとります。インプラント上部構造が完成しましたら、土台を取付ます。

2 インプラント上部構造取付

事前に取っておいた型に合わせ作られた、あなただけのぴったりなインプラントを取付て終了となります。

症例による治療の流れ

1歯欠損・奥歯治療の症例

※ 手術費用30万円+セラミック10万円=計40万円

1 インプラント取付位置の確認

欠損した部分の両側の歯は、全体が健全な状態の天然歯です。両側の歯を削るのには、抵抗があります。

2 一次手術

麻酔をした後、歯肉を切開して、専用のドリルで骨に穴を開けていきます。通常、この段階での痛みを感じることはありません。

3 インプラント埋込

骨への穴の形成が終了したら、インプラント体(人工歯根)を、骨の中へゆっくりと、埋め込んでいきます。強い衝撃や、振動を感じることはありません。

4 縫合し待機

歯肉を縫い合わせて、1回目の手術は終了です。翌日には消毒の為に来院して頂きます。術後の腫れや、お痛みは多少ありますが、お薬で対応して頂ける範囲です。

5 二次手術

歯肉を開いてインプラントの上に土台を連結します。この後、歯肉の治癒を待って、型取りを行います。

6 上部構造の取付

インプラントに連結された土台の上に、セラミック製の人工歯を装着して、治療完了です。治療期間は、約5ヶ月程度でした。

1歯欠損・前歯治療の症例

※ 手術費用30万円+セラミック10万円=計40万円

1 インプラント埋入手術前

欠損した部分の両側の歯は、全体が健全な状態の天然歯です。両側の歯を削るのには、抵抗があります。

2 一次手術

麻酔をした後、歯肉を切開して、専用のドリルで骨に穴を開けていきます。通常、この段階での痛みを感じることはありません。骨への穴の形成が終了したら、インプラント体(人工歯根)を、骨の中へゆっくりと、埋め込んでいきます。強い衝撃や、振動を感じることはありません。歯肉を縫い合わせて、1回目の手術は終了です。翌日には消毒の為に来院して頂きます。術後の腫れや、お痛みは多少ありますが、お薬で対応して頂ける範囲です。

3 二次手術

歯肉を開いてインプラントの上に土台を連結します。この後、歯肉の治癒を待って、型取りを行います。

4 上部構造の作成

インプラントに連結された土台の上に、セラミック製の人工歯を装着して、治療完了です。治療期間は、約12ヶ月程度でした。

料金案内

インプラント本体 料金
術前検査(CT撮影含む)
一次手術
二次手術
メンテナンス(6ヶ月)
324,000円
 
上部構造 料金
メタルクラウン(金属色)54,000円
セラミッククラウン(天然歯色)108,000円
 
保障期間
インプラント本体10年
上部構造5年
 

当院でインプラント治療を受けて頂いた患者さんに対し、 術後の保証制度を設けています。
通常のご使用で万が一インプラントに問題が生じた場合でも、保証規約に基づき責任を持って再治療を行います。
ただし、以下の事項をお守りいただいている場合となります。
・定期検診をきちんと受けて頂いた上での、日常の使用の範囲内での破損の場合。
・禁煙をして頂いている方。
・その他、歯科医師からの特別な指示・指導がある場合は、それをお守り頂いていることが条件となります

※ お支払いには上記のクレジットカード・銀行振込・現金でのお支払からお選びいただけます。

医療費控除について

インプラント治療には医療費控除が適用されます。

年間で10万円以上の医療費を支払った場合、医療費控除が適用されます。
この場合、総所得金額に応じて、最高200万円まで税金の還付が受けられます。

【医療費控除額】
(A)=(その年中に支払った医療費の総額)-(医療費を補填す保険金等の総額)
(B)=(12万円 または 総所得金額の5% いずれか少ない方の金額)
控除額=(A)-(B)

1年分の医療費の領収書はなくさずに大切に保管し、確定申告の際に税務署へ提出してください。
(詳しくは、最寄りの税務署や役所へご相談ください。)

メンテナンスについて

メンテナンスの重要性

インプラント治療は、審美性と咀嚼能力に優れた治療法です。しかし、インプラント手術後のメンテナンスが不可欠です。せっかくきれいな歯になったのに、その後のお手入れを怠り、再度治療を受けなければならないといったケースが少なくありません。
インプラントの歯は、虫歯になりません。しかし、汚れの付着など、口内環境が悪いと歯周病のように粘膜が腫れ、細菌が入り込み、「インプラント周囲炎」に感染してしまいます。

インプラント周囲炎を予防するためにも、インプラント治療後のメンテナンスがより重要です。このメンテナンスをきちんと行わないと、インプラントの耐久性も短くなるなど、高い費用をかけて行ったインプラントがムダになってしまう可能性が高くなります。
メンテナンスには、日々の正しいブラッシングと歯科医院での定期検診が欠かせません。定期検診では、インプラントの周囲に炎症は起きていないか、人工の歯(上部構造)がゆるくなっていないか、噛み合わせは問題ないかなど、専門医ならではのチェックを行います。

当院では、当院にてインプラント治療を受けて頂いた患者さまにインプラント手術後の保証サービスを設けています。